restart

仮想通貨を安全に保管するハードウェアウォレットのしくみと注意点。「Ledger Nano S」は正規代理店での購入がおすすめ!

f:id:restart01:20180426075716j:image

 

最近では仮想通貨が一般化してきていますが、仮想通貨を安全に保管するためにハードウェアウォレットは利用されていますか?ハードウェアウォレットを利用してみたいが、いまいちしくみが分からないという人も多いのではないでしょうか?この記事では、仮想通貨を安全に保管できるハードウェアウォレットのしくみや注意点についてまとめました。また、おすすめのハードウェアウォレットも紹介しています。ハードウェアウォレットのしくみを理解して、安全に仮想通貨を管理しましょう。 

 

ハードウェアウォレットとは?

 

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を安全に保管するための秘密鍵を内蔵したデバイスのことです。仮想通貨は、取引所に置きっぱなしにしておくとハッカーから盗まれてしまう危険があります。そうならないためにも、ネットから切り離して安全に保管する必要があります。その際に必要になるのが、ハードウェアウォレットです。

 

ハードウェアウォレットのしくみ

 

ハードウェアウォレット本体に仮想通貨が保管されているわけではなく、仮想通貨のアドレスにアクセスするために必要な【秘密鍵】を内部で保存しています。アクセスする際には、ハードウェアウォレットをパソコンなどに接続して利用します。秘密鍵を他人に知られてしまうと、仮想通貨が盗まれる危険がありますので注意が必要です。

 

万が一、ハードウェアウォレットが壊れたり紛失した場合でも、【データを復元するパスワード】があれば、新しく購入した本体に入力することで復元することができます。初期設定する際にメモするなどして、絶対に無くさないようにしましょう。また、復元するパスワードを他人に知られてしまうと、中身を盗まれる危険もありますので他人には知られないよう、厳重に保管してくださいね!

 

 

 

購入する際の注意点

 

ハードウェアウォレットを購入する際は、Amazonなどに出品してある業者などからは絶対に購入しないようにしましょう。ハードウェアウォレットに細工などしてあった場合、簡単に資産を盗まれてしまう危険があります。必ず正規代理店にて購入し、自分で初期設定を行いましょう。 

 

ハードウェアウォレットはセキュリティー面で安全ですが、利用する際はしくみを理解した上で利用しましょう。 

 

おすすめのハードウェアウォレット

 

 

【Ledger Nano S】

Ledger社が開発・販売しているハードウェアウォレットで、保管可能仮想通貨の種類が多く、リップル(XRP)を保管できるということで注目されています。USBタイプのハードウェアウォレットで、他のハードウェアウォレットの中でも比較的安価です。

 

Ledger社の正規販売代理店である【株式会社EARTH SHIP】からの購入が安心です。

仮想通貨を安全に保管するためには、正規販売代理店での購入が安心です。暗号通貨の普及でLedger Nano Sの在庫が全世界で品薄になっているため、在庫がなくなり次第予約販売になってしまうようですので、購入を検討されている方は早めの入手をおすすめします。

 

詳しくはこちら> Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット