restart

フリーランスエンジニアの仕事・求人探しにPE-BANKが選ばれる4つの理由

f:id:restart01:20180615115710j:image

 

現在、フリーランスエンジニアとして働く人が増加し、今後も注目されています。

 

新たにフリーランスエンジニアとして独立を考えている人は、「実際どのようにして仕事をとったらいいのだろう?」という不安もあるのではないでしょうか。

 

フリーランスエンジニアは会社員と比べて高収入と言われますが、自分で営業をして仕事を探したり、面倒な事務処理なども自分でこなさなくてはなりません。

 

また、仕事が継続して得られる保証がないため、収入が安定しないことに不安を感じる人も多いと思います。

 

この記事では、フリーランスに不安を持っている人におすすめしたい、ITエンジニア向けのお仕事紹介サービス【PE-BANK】についてご紹介したいと思います。

 

PE-BANKとは

 

「PE-BANK」は、フリーランスITエンジニア向けの案件や求人情報を紹介するサービスです。「PE-BANK」とプロ契約を結ぶことで、案件や求人情報を紹介してもらえるだけでなく、営業代行や事務処理の代行、スキルアップ支援や福利厚生支援など、充実したサポートを受けることができます。

 

平均年収

「PE-BANK」と契約しているエンジニアの平均年収は約800万円と高収入です。(関東エリア)※エンジニアは受注金額の88%〜92%を受け取れます。

また、最高報酬額は200万円と高額です。

 

契約企業・案件数

契約企業数は約1000社、案件数は50,000件以上もあるので、豊富な案件の中から自分の希望に合った案件を見つけることができます。

 

エンジニアのプロ契約なら【Pe-BANK】

 

PE-BANKが選ばれる理由

f:id:restart01:20180615115730j:image

 

1、営業代行と事務手続きの代行

「PE-BANK」では、常時50,000件以上の豊富な案件の中から、自分のスキルや希望にあった仕事を紹介してもらうことができます。

仕事のブランクを作らないよう、スムーズに次の仕事へ移行できるようにサポートしてくれるので、仕事が途切れてしまうという心配をする必要がないのは嬉しいですね。

また、営業やわずらわしい事務手続きも代わりに行なってくれるので、安心して案件に取り組むことができます。

 

2、福利厚生が充実している

「PE-BANK」は、万が一の備えとして独自の共済会制度があります。

病気やケガなどによる万が一の時でも、会社員と同等の福利厚生を受けることができるので、フリーランスでも安心です。

 

共済会制度
  • 生命共済
  • 入院日額手当て
  • がん共済
  • 連鎖倒産防止制度
  • 慶弔金制度
  • 所得補償手当て
  • 企業支援貸付制度
  • 資格取得支援事業
  • 事業資金貸付制度

また、定期健康診断や人間ドックなどの検診費用を補助してくれる制度もあります。

 

健康サポート

 

3、教育サポートが充実している

「PE-BANK」は、キャリアアップするためのバックアップとして教育補助金制度があります。

情報処理技術者試験・ITコーディネータ補試験は、合否に関わらず受験料の全額を補助してくれます。また、それ以外のIT系試験についても、合格の場合は受験料の全額補助、不合格でも半額の受験料を補助してくれるんです。

それ以外にも、スキルアップを目的としたセミナーなどの補助もあります。

 

4、確定申告をサポート

「PE-BANK」では、毎年確定申告説明会や確定申告会が開かれています。申請書類や手続きなど、ひとりでは悩んでしまう作業もしっかりサポートしてくれるので、フリーランスの経験が浅い人でも安心できますね。

また、経理に関する税務相談を受けることも可能です。 

 

詳しくはこちら→独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】

  

フリーランスに少しでも不安を持っているなら、さまざまな安心サポートを受けられる「PE-BANK」に相談してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

「PE-BANK」は、充実したサポートを受けながら安心した環境で仕事ができるため、多くのフリーランスエンジニアに選ばれています。

 

「PE-BANK」はフロントサイドやゲーム系案件よりも業務系案件に強いので、業務系の案件を探している人なら登録しておきたいサイトです。

 

独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】

  

▼ 関連記事▼

こちらの記事もおすすめです。 

restart01.hatenablog.com